ああああ釣行記

マスが釣れない人のブログです

ほのぼのに行くも。。。

昨日はかねてから計画していた3泊4日の釣り遠征の1発目で、念願のほのぼのへ行って来ました。

 

郡山に前泊して温泉をがっつり楽しんで翌朝7時に出発し、9時にほのぼの着

一日券を購入しカレーの予約も済ませいざ実釣へ

2号池で始めますが、全く当たらず。。。

放流も入りますが赤金投げても取れず諦めてボトムへ。ベビーバイブを投げてみると2投目で30くらいのレインボーをゲット。

f:id:kannnnnnnnnnnnnnnnnnntsuri:20190203141736j:image

ここから波に乗ろうかという時に姉からLINEが。。。ここ数日体調の悪かった年老いた飼い犬の容態が悪化し、長く持たないかもしれないという内容でした。朝郡山を出た時点で嘔吐と呼吸が荒かったという連絡を受けてたのですが、まさかこうなるとは。。。

当然釣りどころではなくなり即納竿。ほのぼののおばちゃんにカレーをキャンセルして釣りも切り上げる事を伝えて、翌日に会う予定だった友人たちに事情を話し仙台へ急ぎます。

 

矢祭から仙台までは200キロはありおよそ3時間かかり、一刻を争う状況だったのでコンビニや休憩等は一切挟まず「助からないかもしれないけど、せめて死に目にだけは会いたい」という一心で途中しばしば涙を流しつつとにかく走り続けました。

 

なんとか13時ごろ仙台に到着し、家で一息つこうとした時に入院先の動物病院から連絡があり危険な状態とのこと。

すぐに急いで向かいますが少し遅かったようで到着した時にはすでに召されてました。しかしまだ体は温かったので本当に自分が着くギリギリまで頑張ってたんだなと思いました。まるで自分の帰りを待ってくれてたかのように。。。

 

正直今も気持ちの整理がつかなく、思い返すたびに涙が出そうになり、犬とはもう少し長く一緒に暮らせると思ってたので本当に残念です。

 

しかしあの時少しでも帰るのが遅れてたら死に目(厳密には違うけど…)に会えなかったので、即座に釣りを中断して仙台へ引き返した自分と、自分が仙台に着くまで頑張ってくれてた犬を褒めてやりたいです。

 

そしてほのぼのは色々落ち着いた時に必ずリベンジすると心に誓いました。

今度こそは名物のカレーを。。。