ああああ釣行記

マスが釣れない人のブログです

あけましておめでとうございます&初釣り

あけましておめでとうございます

本年も弊ブログをよろしくお願いします。

 

今日は友人と趣味で吹いているトランペットの練習へ石巻の山奥へ行ってきました。

その帰り、大勝軒を食べに仙台の荒井近辺をうろついていたら室内釣り堀と書かれたのぼりが…思わず友人と反射的に入ってしまいそのまま一時間釣りしてきましたwまさかの形での2019の初釣りとなりました。

入店して説明を受けるのですが…

放流魚はコイ、金魚…そしてなんと10センチくらいのヤマメとのことw
練馬のキャッチアンドイートはニジマスとか放流してるんでその流れに乗った感じでしょうか。

仕掛けと竿、エサははすべてレンタルとのことです。

竿はよくある金魚竿で、道糸は2号から3号ほどのナイロンで棒ウキがついています。ガン玉はついておらずサルカンと餌の重さで沈めるようです。そして針はおそらくはチヌバリ1号でしょうか?コイはともかくこれで金魚やチビヤマメを釣るのはなかなか至難の業になりそうです。

エサはなんと練り餌ではなくうどんw
正直この時点でボウズを覚悟しました。

 

説明を受け、仕掛け一式を借りさっそくスタート。

数投して反応がないのでウキ下を取りなおして宙釣りスタイルも試してみるとアタリは出ますが針掛かりせず。。。

再び底狙いをしてみるとしばらくして一匹目となる20センチぐらいのコイ。アタリがほとんどウキに出なかったのでほぼ居食いだったのでしょうか、水温低下で難しいとは聞いていたので納得です。

その後コイを狙いますがなかなか当たらず、飽きたのでせっかくなのでヤマメを釣ることに。
これまでの経験から中層から表層にいると踏んで宙づりではなく餌と針のみ表層につける超表層攻めで攻めます(なんで室内釣り堀でも表層攻めしてるんだ。。。)

すると当たってきますが、針掛かりせずそのうち見切られるように。
「やっぱり小さくてもヤマメだなあ」なんて思いつつちょっと考えひらめいたのが表層シェイク。これがドハマりでまるでミノーにじゃれついてくるように狂ったように追いかけてきます。傍から見たら何してるんだアイツって感じでしょうねw

 

この方法でなんとか3尾ほど追加しそんなこんなしてると1時間経過で終了。

コイ1ヤマメ3という釣果に終わりました。

 

釣果としては大きめのコイが釣れなかったのでちょっと心残りですが、一応今季初トラウトwも釣れたので良かったです。これからも暇つぶしに行こうかな。。。