ああああ釣行記

マスが釣れない人のブログです

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

というわけで新年一発目はスプーンにおける個人的な疑問とか考えに関する記事です。完全メモ帳です。

管釣りスプーンをそろえるときは、通常同じ型のスプーンの色違いを一緒に購入するのが当たり前ですが、いきなり全部のカラーを購入するわけにはいかず、ある程度買う色を絞る必要があります。そして私はそれを絞れずにいたわけですが、もし活性の低い時のスプーンを買うときは、地味目の色を中心に買い、活性の高い時のスプーンは派手目のものを中心に揃えたらいいのではないかと気付いたわけです。活性低い時に活性高い時のカラーを使っても無駄が多いわけで。

例えば、もし仮に6色買うとしたらミューの様な放流狩りルアーは派手派手派手白黒中間地味といった組み合わせで、メビウスのような活性の低い鱒を相手にするようなルアーは地味地味地味白黒中間派手という組み合わせがいいのではないかと考え、そしてこれら2者の中間的存在のルアーでは派手派手白黒地味地味地味とそれぞれの比率を同じくらいするのがいいのではないのかと考えました。しかし、このタイプのルアーを6色だけ買うってなるとそれぞれの色が少し不足してるのではと思い用途のはっきりしてるルアーよりは色数を増やす必要があるなと考えました。

手持ちのルアーだとマーシャルトーナメントとロールスイマーがこのポジションにあたるのかなと思ってます。マーシャルトーナメントは8色持っており、地味系3つ中間色2つ白黒系1つ派手目2つと割とバランスは取れてますがロールスイマーが派手3つ中間1つ地味系1つ白黒1つという構成になってしまっておりかなりバランスが悪いです。というわけで今後はロールスイマーの色数を増やすのが課題になりそうです。

 

うーん、なんか文章がうまくまとまってませんが、とにかく私はこう考えました(半ギレ)
とりあえず今度からこのような形でスプーンを購入してみたいと思います。