ああああ釣行記

マスが釣れない人のブログです

浦島太郎状態

中学生のころに齧っていた管釣りを久々(6年ぶりくらい)に本格的に再開させたわけですが、色々管釣りを取り巻く状況は変わっているので少々戸惑いがあります。

竿の流行が乗せ調子の竿から掛け調子の竿に変わったり、スプーンにスプリットリングが付いていなかったりですかね。前者はともかく、後者はスプリット直結派だった自分とすればなかなか辛いものがありまして・・・

手持ちのルアーは数年前のモデルであるためいまだにスプリットがついていてどうしても現在市場に出回ってるスプリットなしのモデルと一緒に使うとなると不自由が生じてしまうんですよね。

そんでもって昨日しぶしぶ手持ちのスプーンのスプリットリングを外したという・・・

スナップはあまり好きじゃないんですよね、結構失くしたり忘れたりするので。スナップ忘れたり現場でスナップ切らしたら釣りにならないのも中々に辛いです。今度からストックは多めに持ってスナップを忘れないようにスプーンにつけっぱなしにするスタイルで行きます。

このように色々管釣りのタックル事情が変わる中、数年前に定番であったルアーが今でも定番だとなんだか安心します。フォレストのPALやMIUなんかがまさにそれで、今でも店頭では目立つ位置にでかでかと展開されてます。しかし10年前管釣りの定番中の定番であったアルフスプーンは廃れてしまい店頭にもほとんど並んでいないようなので、少し残念なのと同時に今あるアルフのスプーンを大事にしたいな・・・と。この前のとしまえんでもしっかり魚を連れてきてくれましたし、まだまだ行けると思うのでこれからもロストに注意しつつ使っていきたい所存です。そういえばダイワのレイブはアルフの親戚的存在(製作者が同じ?)と聞いたことがあるので、もしアルフが全滅したらレイブを買うことにしますw

とりあえず長々と書きましたが今から釣具屋行って色々買ってきます。